ホーム > 商品開発について > 製造工場へGO

小学生のように
工場見学へ出かけよう!

小学生のように工場見学へ出かけよう! 小学生のように工場見学へ出かけよう!

商品開発の会議は、もめるもめる。
製造工場のスタッフや原料メーカーと、
なんど議論したか、わかりません。

でも、それがあってこそ、
想いを一つにできる。

遠慮なく議論して、心を一つにしたら、
さあ、みんなで力をあわせて邁進!

お値うちは、
こんなブレない共創力が源泉です。
サプリメントは、こうして作られる。

工場見学へ出かけよう 工場見学へ出かけよう

清潔命!徹底した衛生管理。 清潔命!徹底した衛生管理。

清潔命!徹底した衛生管理。 清潔命!徹底した衛生管理。

ドキドキしながら、工場の中へ。白衣を着て、ネットをかぶって、タイマーで20秒きっちり手を洗って、準備バンタン!衛生管理が徹底されています。

最良の素材を、最適なカタチへ。 最良の素材を、最適なカタチへ。

最良の素材を、最適なカタチへ。 最良の素材を、最適なカタチへ。

サプリって、いろんな形があるんですよ。錠剤、ソフトカプセル、ハードカプセル、粉末剤形。配合されている成分や素材によって、形が異なるのです。工場の壁に説明書がありました。

原料は、世界各国から。 原料は、世界各国から。

原料は、世界各国から。 原料は、世界各国から。

サプリに入れる原料は、北海道、日本各地、そして、世界各国から選りすぐりの一級品をかき集めています。素材メーカーさんの間では、「品質にこだわるサンセリテ」で有名みたいです。

不純物の混入を防ぐ。 不純物の混入を防ぐ。

不純物の混入を防ぐ。 不純物の混入を防ぐ。

サプリメントの原料を量る秤は、一つひとつ分かれた部屋にありました。原料が混ざるのを防ぐためだそう。

サンセリテ独自のレシピで調合。 サンセリテ独自のレシピで調合。

サンセリテ独自のレシピで調合。 サンセリテ独自のレシピで調合。

原料は、サンセリテのオリジナルレシピで調合されます。大きな機械で、一気にかき混ぜる。迫力がすごいです!

正確無比なプロセス。安全品質。 正確無比なプロセス。安全品質。

正確無比なプロセス。安全品質。 正確無比なプロセス。安全品質。

配合された内容液は、パイプを通って成型機へ。プロセスは正確安全。これは、ソフトカプセルを成形するもの。1時間に50,000粒、製造できるんだって!

最新の高性能マシンで。 最新の高性能マシンで。

最新の高性能マシンで。 最新の高性能マシンで。

こちらは、錠剤の成形機。小さな錠剤が、次から次へと流れてきます。ぎゅーっと圧力をかけて、成形しているそう。

人の目と手で、ていねいに。 人の目と手で、ていねいに。

人の目と手で、ていねいに。 人の目と手で、ていねいに。

成形後は、人の手でていねいにチェック。この一手間が、安心・安全の品質につながっているのですね。

エックス線で念入りにチェック。 エックス線で念入りにチェック。

エックス線で念入りにチェック。 エックス線で念入りにチェック。

正確にパッケージしていきます。エックス線検査、重量検査、計数装置と、3の機械で検査が行われていました。毎日飲むものだから、数量もきっちり。

これでもか!の品質検査。 これでもか!の品質検査。

これでもか!の品質検査。 これでもか!の品質検査。

これで完成!と思ったら、専門の研究室で厳しい厳しい品質試験が。合格したものだけ、市場に出回るそう。

これでもか!の品質検査。 これでもか!の品質検査。

これでもか!の品質検査。 これでもか!の品質検査。

いかがでしたか?製品は、最新技術を搭載した機械で効率よく。品質チェックは、人の手でていねいに。真心こめて、作られていました!

《生産製造のプロとの深~いきずな》

「社長夫妻とは、戦友だね。」 「社長夫妻とは、戦友だね。」

長年、サンセリテを担当している生産製造企業のYさん(仮名)は、サンセリテの創業者である山本敏幸会長、陽子社長と、20年近いの仲。社外の方は、サンセリテをどんな風に見ているのだろう?印象をうかがいました。

 山本敏幸会長は、強烈な人でしたよ。原材料の品質に、一切、妥協しない。納期も厳しい。どうやったって注文から1ヶ月かかるところを、半月で頼むと言うもんだから、無茶ですよ。短納期で納める分、私たちも無理を聞いてもらいました。新聞広告を打つ日は事前に教えてもらって、注文の殺到数を予測して製造ラインを管理するなど、互いに情報をオープンにして、信頼関係を築いてきました。私が何より嬉しかったのが、「足の引っ張り合いが多く、世間から胡散くさいと思われている健康食品業界を、健全化したい」という想いを共有できたこと。今でこそ多くの消費者に認知いただいていますが、20年前はいい加減でした。山本夫妻だから、私もとことん付き合いたいと思えた。競争の激しい時代を一緒に戦ってきた、戦友ですね。

PAGETOP