ホーム > 商品開発について > 防ぐ、という哲学

《防ぐ、という哲学》

1000年リレーです。子々孫々につなごう。 1000年リレーです。子々孫々につなごう。

健康でいて欲しい。なぜ人は、大切な人にそう願うのでしょう。それは、1日でも長く健康の微笑みのなか、一緒に生きてゆきたいから。ある日突然、前ぶれもなく死に別れるなんて耐えられない。その日がきたら、ちゃんと抱きしめ、愛と感謝を告げてさよならしたいから。サンセリテ札幌は、健康維持の使命はそこにもある、と感じています。

私の夫は、
脳梗塞で倒れました。

一緒に会社を起こしともに歩んできた夫が、50代のとき、突然倒れました。命はとりとめましたが、身体に麻痺が残り、この数年間は車椅子の生活と介護の日々です。私は、病気や健康への知識がありながら、家族の健康を守れなかった自分が悔しくてなりません。
30代40代でみんな無理をします。若さにかまけてがんばり過ぎます。
その無理を、50代60代で自覚して上手にケアしなければ、
肉体は悪しき生活習慣の犠牲となります。

改善するのではなく、
防ぎたい。

習慣は第二の人生をつくります。悪いものを食べれば悪い身体になり、良いものを食べればよい身体になるように、悪い習慣が不健康な人生となり、良い習慣が健康な微笑みの日々をつくります。
私は夫の病に直面するまで、お客様の健康のお悩みに対して、速効性をもって解決したりお役にたてる商品づくりに力を注いできました。 しかし夫との介護の日々から、そんな商品も大切ですが、より予防に力を入れた商品開発こそ、お客様に寄り添う姿勢ではないかと考えるようになりました。

それが「Wキナーゼ」を
開発した理由。
夫の脳梗塞の原因は
血栓でした。

私は血栓の勉強を重ね、予防のための成分としてたどりついたのが、納豆由来のナットウキナーゼと食用赤みみず由来のルンブルキナーゼです。そしてそれらの大切な成分を胃酸から守り、しっかり腸で溶かすため、腸溶性カプセルを使用し、無駄なく腸で吸収できる工夫がしてあります。
1日でも長く健康で、大切な人と語らうことが
できる幸せ。人が誰でも迎えるその日まで、
当たり前という素敵で平凡な日々をともに生き、
愛と感謝をこめてさよならを告げて欲しい。
「Wキナーゼ」は、そんな幸せへの願いを込めて
世に放った商品なのです。

PAGETOP